整建
ブログBLOG

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから
イラスト イラスト
ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、住まいの断熱・省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創ることより、年間の一時エネルギー量の収支を「ゼロ」にする住宅のことをいいます。

 

国では、各事業者が受注する住宅のうち2020年度までに50%以上をZEH住宅とする目標を立てています。整建もその目標に向け、以下のように目標値を定めています。

 

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 (%) 0 5 10 25 50
実績 (%) 0 17 25

 

2018年度は2019年度の目標を達成することが出来ました。2019年度以降も目標の達成を目指し普及活動を行っていきます。

お客様とともに

「お客さまとともに…」

整建のモットーです。

 

家のできる工程を知ってほしい。
自分の家にはどんな材料が使われていて、どのように組んでいくのか。出来上がっていく我が家を見て、触れて、できたら時には一緒に作業をして、住んでからも季節の過ごし方、そして経年の変化を楽しんでゆく。
そんな家造り、住まい方をご提案しています。
IMG_0551
お子さまたち、大工さんにレクチャーを受けてはじめてのタッカー!!
IMG_0554

クローゼット部分に杉板を貼っていきます。

IMG_0552
この壁僕が作ったんだぜ!なんてきっとお友達に自慢する時がくるかな?
そうやって愛着を持って大切に暮らしていただけたらとても嬉しいです。
完成までの作業楽しんでねっ!!
対照的な2日間。

先週の土日は自宅兼モデルハウスにて冬の居心地体験会を開催いたしました。

土日ともたくさんのお客様にご来場頂き、皆さん「あたたか~い!」「きもちいい!」と快適さを
実感していただけたようでした。

暮らし方が全く異なる2日間でした。

土曜日は一日中晴天で太陽もずっと出ていたため朝9時には薪ストーブを止め、その後は窓からの陽射しで家中を暖めました。
ご来場頂いたお客様も暖かくて上着をすぐに脱いでいました。お子様方は汗ばむほど!(笑)

ちなみに、わが家の子供たちはいつも綿のインナーに薄手のトレーナという仕様。引っ越すまでは、上下とも裏シャギーのもこもこ愛用でした。実は今年、まだ寝室に毛布を出していません…まだというか、もう必要ないかも!子どもたちの冬用パジャマもお蔵入りです(笑)

キャプチャ

16時ごろには25℃近くまで上昇。

夜21時になっても20度を超えていたのでストーブなしで過ごしてみました。

32

 

翌朝6時ごろ起きてリビングに行っても上着を羽織るほどの寒さはありませんでした。

晴れていたので太陽の陽が確保できるまでは薪ストーブに火を付けて、また9時ごろには火を止めて…と思っていたのですが、どんどん雲が増え日差しがなくなり、日曜日は一日中薪ストーブをつけたまま過ごすことに。

しっかりと温まったのでイベント終了後は火をおとして夜は無暖房で過ごすことが出来ました。

3

二日間をグラフにしてみると・・・
土曜日は16時で24.5℃
日曜日は16時で23.8℃

条件など違いますが薪ストーブより陽射しの方が暖まりそうですね。

南面の掃出し窓はストーブ三台分の暖かさ!といいます。

【LIXIL】知っ得アカデミー動画 日射コントロール

晴れの日にまた体感いただけたらなぁと計画しております!

ご来場いただいた皆さまありがとうございました!

構造塾

先日の火曜日に講座を受けに名古屋まで行ってきました。

IMG_20190122_124854
この一年2ヶ月に一度のペースで講座を受けに行っていました。
今回は1年目最後の講座。
今まで電車で名古屋まで行っていたのですが…最近電車の揺れで気持ち悪くなり講座に集中出来ない始末。思い切って車で行きました。快適♪

 

講座の内容はM’s構造設計様による「構造塾」という木造住宅の構造に関わる部分の勉強です。
IMG_20190122_125505

1回目の講座の際に
「まだまだ構造計算をしている工務店が少ない。
 耐震等級を取得するにはオプションになる工務店が多い。
 200〜300万円の車を購入する際、エアバッグ搭載は当たり前。
 エアバッグをオプションにしている車はまず無い!
 なのに2000〜3000万円もする家が耐震はオプションなのはおかしい!
 今後全国的に構造計算、耐震等級はどの会社も標準仕様になっていかなくてはいけない!」
という言葉が当たり前の事ではあるのですが胸に刺さりました。

構造を考えて間取りを作ると間取りに関する制約もかなり出てきます。
しかし、お客様の求めているものは
「理想・要望をすべて取り入れた不安定な家」ではなく
「理想・要望を可能な限り汲み取った丈夫な家」だと思います。

お客様からヒアリングした要望に対して出来る出来ないを判断して間取りを作るのが
家を造る者の役割だと思います。

落ち着いた外観の二階建て

実はというと、私(嫁)もクリスマス後インフルエンザにかかり仕事納めも大掃除もしないまま年を越しました…(+_+)

幸い家族のだれにもうつることなく終息を迎え(子3人にうつらなかったのが奇跡!)年始を存分に満喫できました。

というわけでごめんなさい、この記事は年末にあげそこねた投稿になります。

****************************************************

 

s様邸外壁工事が終わりました。

写真 2018-12-19 9 34 26
ガルバリウム鋼板ニスクカラーSGLのダークブルー
サッシはLIXILのペアガラスのブラックを採用。
写真 2018-12-19 9 35 15
軒天の美しい落ち着いた和風の外装です

写真 2018-12-19 9 37 35
室内はフローリングを貼り終え造作工事中。

ウォルナットの床材がシックな印象のリビングダイニングかしら?

全貌がたのしみです
写真 2018-12-19 9 36 26
猫ちゃん専用の小部屋もあるんですが。。。また次の記事でご紹介しますね

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVE