整建
ブログBLOG

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから
イラスト イラスト
夏の暑さ(日射し対策)

梅雨入りしたかと思いきや、突然の梅雨明け。

そして『電力ひっ迫の為節電を…でも熱中症にならないようにエアコンは付けて下さい。』と国からのお願い。
矛盾した国の態度にもやもやはしますが、パッシブデザインならどちらも解決できます。

今からでも出来ます!予算も2万円もあれば充分出来ます。これから紹介して行きますので暑い夏、高い電気代、一緒に乗り越えましょう。

【夏対策・その1】
夏の室温上昇抑制に一番効果的なのはすだれやシェード
最近ではすだれなどを掛けているお家をよく見かけます🙆💯

でも、なぜすだれが効果的なのか。ご存知ですか?

外の熱が室内へ入ってくるから室温が上がります。
では外の熱はどこから入ってくるか。
窓はもちろん、屋根、外壁からも入ってきます。
その中でも窓から入ってくる熱の割合は全体の6~7割。
割合としては
窓 7割 外壁 1割 屋根 2割 
ざっくりこんな感じ
だから窓を対策すれば熱の侵入はグッと下がります。

どんな対策方法があるか
・ひさし
・カーテンやレース
・すだれやシェード

ひさしだけでも窓から入ってくる熱を40%カットできます。
カーテンやレースだと60%カットできます。
すだれやシェードはなんと90%もカットしてくれます。

ということは、すだれを設置すると
窓 1割 外壁 1割 屋根 2割 
になります。
これだけで室温の上昇は抑えられます。

【夏対策・その2】
すだれがなぜ効果的なのかが分かりました。ではどの方角の窓にやるべき?
ベストは東西南北すべての窓です。
それが出来ない場合の優先順位は
1.南面…一番太陽の影響を受けやすいから
2.西面…西日が最大の敵
3.東面…朝日が室温を上げます
4.北面…外気温・地面等の影響をうけます
この順

なんで全面なの?
窓から熱が入ってくる要因は直射日光だけではありません。
暑い外気温や太陽が当たって熱くなった地面やウッドデッキ等の熱も同時に入ってきます。
すだれをすることでそのすべてをカットしてくれます。
庇だけだと直射日光は遮れても外気温や地面の熱は遮れません。
カーテンは部屋の内側なのですでに熱が家の中へ入っている状態です。
『日よけは外で』これを日射遮へいと呼びます。

 

カレンダー

2022年12月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ARCHIVE