整建
ブログBLOG

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから
イラスト イラスト
お引き渡し


名称未設定 (3 - 15)

リビングは半分畳敷きで寛ぎの空間を。
造り付けのテレビボードは収納たっぷり
背面にはエコカラットでアクセント
名称未設定 (7 - 15)
名称未設定 (9 - 15)
階段はリビングの一角に配置
いつでも家族の気配を感じられます
名称未設定 (14 - 15)
二階のセカンドリビングには古材を利用した梁と銘木の出節柱とアクセントウォールを使用
IMG_6543
左右に配置された子供部屋
造作のクローゼットはバーと可動棚で成長に応じて使えます。机もオリジナル。ぴったりサイズですが移動も出来ます。クロスとカーテンでガラッと印象を替えて
名称未設定 (15 - 15)
三角屋根の可愛い主寝室にはリビングかの薪ストーブの煙突が通っています。二重構造になっているため子どもが触っても熱くはありませんが、輻射熱は得られるので夜も暖かく寝られます。

豊田のショールーム

豊田で新築予定のお客様と豊田のクリナップのショールームへ行ってきました。
新東名が出来たおかげで豊田まで1時間もかからず行くことができるようになりました。

そこに展示してあったのが2月に新発売したばかりのシステムキッチン“CENTRO(セントロ) ”

P_20180203_101022_vHDR_On
デザインも以前のSSとかなり変わってました。写真は取手のないキューブデザイン。シンクは飛び出したようなデッキ型になっており本格的な調理を好む方向けのプロ仕様!
構造はクリナップはオールステンレス!
引き出しは標準従来のSSの良いところを引き継ぎさらに側面が黒でかっこよくなっていました。
気になった方は豊橋のショールームでも展示があります!
P_20180203_101013_vHDR_On

1985家族まであと一歩!

暮らし省エネマイスターとして、昨年12月完成から約1年経過したお客様の家を訪れました。


Y様邸の光熱費の使用量は同じような家族構成のお家の標準的な使用量より多いのか少ないのか。また、多い場合は「どうしたら光熱費を抑えられるのか」ちょっとした工夫で快適に暮らす方法等アドバイスをする予定だったのですが。。。

お家に入った瞬間、とてもお部屋が暖かかったんです!しかもエアコンもついていない。

お邪魔したのが午後2時頃。朝だけエアコンを入れていたそうです。

その時点でパッシブの効果断熱の効果サッシの効果を実感しました。

オール電化のため電気の使用量のみ(通常はガスも比較できます)明細を見ながら月ごとの使用量を協会のソフトに入力しました


キャプチャ2


誰もが見て分かる良い結果。6月から11月は使用量が標準家庭の約半分に抑えられています!!

夏はすだれやシェードを付けていただけでその他特に目立った節電はしていないと言っていたので、

冬も夏もちょっとした工夫で標準家庭の半分の使用量(1985家族)は達成できそうです。

僕がアドバイス出来る限りの「ちょっとした工夫」をお話しさせていただきましたが、予想以上の省エネ快適生活に僕も嬉しくなりました。ここで重要なポイントは無理なく快適に電力使用量を抑えられているということです。

これからも暮らし省エネマイスターとしてパッシブデザインの家と省エネの工夫をお伝えしていきたいと思います!

土台の墨塗り

IMG_1423

土台となる材料に墨塗りを施しました!
木炭塗料を基礎に接地する面以外にしっかり2度塗りします。
檜なのでもとの防虫作用もありますが、さらに耐火・防腐・防虫などの効果を持たせるためです。
普段は大工さんが行なう作業ですが、自邸ということでちっびっこ達に体験させてみました!
まずは汚れても良い服、レインコートに身を包み
大工さん(父)からレクチャーを受けます。
いざ、墨塗り!!
IMG_1425
時折兄からチェックが入ります。2人とも真剣!
無駄に墨だらけになりながら(笑)3歳児さんは30分が限界でした
IMG_1424
5歳児くんはなんと3時間!
IMG_1426
よく頑張りました!!

整建では住まい手の皆さまも参加する家造りをおこなっています

一人の大工が一棟を担当し手刻みで仕上げるからこそ出来ること。
現場での打ち合わせ、造作家具、木工作や細工、壁塗りなど…。
思入れ思い出の詰まった家が建てられますよ!!

forward to 1985とは

IMG_20180116_114043

前回暮らし省エネマイスター取得の記事にあった1985アクションについて

1985アクションとは…
1985年頃の電力消費量は、原発を必要としなかった時代。2030年頃までに家庭の電力消費量を半分にして、環境にもお財布にもやさしい暮らしを実行しようと言う取り組みです。
簡単に書きましたが、政府からも今後省エネ事業がどんどん推進されてきます。家庭だけでなくもちろん工業などでも電力消費量の削減に力を入れることになりますが、無理して削減する生活に快適さやゆとりはありません。
1985では現在の暮らしを光熱費や家電製品の使用状況から読み解き、無理なく無駄を省いて快適に暮らす方法や工夫を見つけていきます。快適にが重要なポイントです!!無理なく快適で家計にも優しいのならばやらない手はありませんよね?(^_^)
 見落としがちなちょっとした工夫をアドバイスいたします!
拠点アドバイザーは新城では整建だけです。相談料はもちろん無料ですので是非ご活用ください。
お問い合わせはこちらまで
0536-25-0808
Info@sumai-seiken.com

カレンダー

2024年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ARCHIVE