理想の家を住む人とともに

パッシブデザインの家

パッシブデザインとは

機械設備に頼るのではなく、自然エネルギー(太陽光、風など)に着目しその土地の特性を生かせるよう間取りに工夫を凝らし設計します。
自然エネルギーを最大限に活用・調節することで質の高い室内環境を目指す手法です。予算を必要以上にかけることなく、省エネルギーにもつながります。

 

 

風をデザインする

風の流れを読み取り、夏に採涼排熱がスムーズになるよう間取りをプランニングします。
また専用のシミュレーションソフトを用いて建物内の風の通り方を確認します。

 

光をデザインする

周辺環境を把握し夏の日差しを遮り、冬の日差しをいかに取り込めるかを計算します。
風と同様にシミュレーションソフトを用いて、住まう人にとって最適な彩光を実現します。

 

 

熱をデザインする

暖房の熱や日差しから得られる熱を部材(土間など)に蓄え、夜に放熱する事で
暖房の有効活用コストダウンにつながります。