お金の
こと

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから

一番気になるのは「お金のこと」だから
私たちはきちんとお伝えします

イラスト イラスト

整建のこだわりをご理解いただけたとしたら、次に気になるのは「お金のこと」ですよね。

整建の家の建築費用は他と比較したときに、
少し高いと思われるかもしれません。
「手間を惜しまずしっかりと丁寧に作ること」も
理由のひとつではありますが、それよりも大きな理由は、
「家づくりの費用を一生のコストで考えているから」です。

イニシャルコスト(建築時に最初に必要な費用)と
ランニングコスト(住んでいく上で継続的に必要な費用)の
バランスを考えてお客様とご相談の上、最適なポイントをご提案しています。

ランニングコストは家族構成や生活環境によって、ご家族ごとに違います。
できるかぎりランニングコストを抑えて、住んでから楽で快適な家であるために、
予算に応じた最適で柔軟なプランニングをご提案をさせていただきます。

■ 整建が考える「家の生涯費用」とは

イニシャルコスト 本体工事費となる 初期費用 ランニングコスト 年間でかかる光熱費 メンテナンスコスト 修繕やメンテナンス費用 トータルコスト家の生涯費用
イニシャルコスト(初期費用)だけの安さではなく、
生涯費用全体としていかに節約できるかを考え、
シミュレーションを重ねて最適なコストバランスをご提案いたします。

日本は現在超高齢化社会を迎え、今後ますます進んでいくとみられます。皆様のお子様たちが成人となった時には、一人あたりの税金や社会保障の負担が今より遙かに増えていくだろうと言われています。そんな中で、新たに土地を購入したり、新しい家を建てるという事が少なくなっていくことでしょう。

そのような時代が見通せるからこそ、親が建てた家を、少しのリフォームをして住み継いでいく。そしてまた孫の世代が少しのリフォームをして住み継ぐ。こういったサイクルが実現できれば、全世代で家に充てる金額を大幅に抑えることができます。

そのためには今、住み継いでいける丈夫な家、住み継ぎたいと感じられる、快適な家を建てることが必要だと感じています。

また、建築後に必要に応じて、断熱リフォームや耐震リフォームをすることも可能ですが、壁を剥がしたり大がかりな工事が必要なため、無駄な経費も掛かります。
新築の時にできる事はできるだけ新築の時にやっておくことをオススメいたします。

家づくりを、イニシャルコストだけで考えず、ずっとずっと先のお客様の将来やお子様たちの未来のために、生涯コストで考えていくということ。
これは、どこで家を建てるとしても、同じように考えるべき、とても重要なことなのです。

断熱国の基準の断熱基準を満たしても
決して快適とは言えない

断熱性能に於いて、「国の基準レベルを満たしてます」「国の基準以上の性能です」という表記をよく見ると思います。お客様はそれだけで、さぞ快適な暮らしを想像することでしょう。

しかし、実際のところ、今までの断熱基準は会社によってバラバラでしたし、2020年に断熱の基準が義務化されますが、この基準を満たしているからと言って、正直なところ快適な家、省エネの家とは言えないのです。実際には、それ以上の性能が必要となります。

整建では、以下のようにHEAT20 G2グレードをオススメしています。ご要望があればG1グレードで作ることももちろん可能ですが、この後に掲げるメリットなどを是非参考にしてください。
G2グレードを満たすためには、サッシのグレードや断熱材のグレードを上げる必要があるため、求めやすさをアピールするために、標準仕様とできない会社様が多いのです。

■ HEAT20とはhttp://www.heat20.jp/index.html

深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題の対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が2009年に発足しました。 HEAT20はその略称であり、呼称です。
HEAT20は長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、断熱などの建築的対応技術に着目し、住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と快適性向上のための先進的技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。

■ 断熱のグレードについて

整建オススメ

HEAT20 G2グレード

冬期間、住空間の温度むらを数度以内に保つように住宅内最低温度を13〜15℃以上に保ち冬期間の暖房負荷を平成25年基準の住宅と比べて30%以上削減できる水準。
ZEHなどの優れた省エネルギーを目指す住まいの推奨水準。平成25年基準レベルの部分間欠暖房とおおむね同等のエネルギーで全館連続暖房が可能な水準

HEAT20 G1グレード

冬期間、非暖房室での表面結露などが生じないように住宅内最低温度をおおむね10℃以上に保ち、暖房設備容量・イニシャルコストを確実に低減できるように、冬期間の暖房負荷を平成25年基準の住宅と比べて20%程度削減できる水準。
初期投資に対して回収性を重視した水準。

■ HEAT20 G2グレードのメリットとデメリット

メリット

・日々の快適性が大幅に向上

・病気に掛かりにくくなる

※断熱レベルの向上と疾病の改善率をまとめた
データが近畿大学の教授が発表しています

・年間光熱費の削減

※一つの家に対してエアコンが1〜2台で済むため、
エアコン本体とエアコンを稼働する電気代のコスト
削減が可能。長く住むことでトータルコストが基準
レベルの家を下回っていく

デメリット

基準レベルの家と比べ

イニシャルコストが
約200万ほど高くなる

※G2グレードを満たすためにサッシのグレードや
断熱材のグレードを上げる必要があるため

重要:トータルコストで十分にペイ可能

耐震耐震等級1では、
大地震に耐える保証はありません。


耐震性能に於いて、「耐震性能1」という表記をよく見ると思います。
これは、住宅を建てる際に最低限必要な基準です。

しかし、耐震性能1の住宅が熊本地震の際に倒壊した事例もあることから、決して大地震に対して安心できるレベルの耐震性能ではありません。
1回の地震に耐えられても、2回3回と繰り返す地震には耐えることができないのです。

私どもは、これから建てる家には、耐震性能2または3が必ず必要だと考えています。
耐震性能2または3を満たすためには、構造計算が必要になります。そのため繰り返す地震に対しても強くなります。
※建築基準法で定められている耐震性能1は特例として構造計算が不要です。

■ 耐震等級について

耐震等級1 耐震等級2 耐震等級3

整建オススメ

整建オススメ

*耐震等級3を取得することで地震保険を50%割引できます。

*制震装置を導入することで、大規模な地震に対しても
建物の損傷を抑える事ができます。