理想の家を住む人とともに

施工ギャラリー

現代版からくり屋敷

>施工ギャラリートップへ戻る

欲張りをそのまま家に

豊川市に建設したM邸の家です。 こちらはご夫婦二人のとても贅沢な1LDKです。お風呂とクローゼットを1階に。キッチンや寝室などの生活空間を2階に配置しています。この家には随所に工夫がいっぱい!実用性だけではなく、遊び心が活かされたアイデアが楽しいのです。「一生に一度の大きな買い物だからこそ、家作りに妥協はしたくない!」オーナーのそんな考えに整建スタッフも乗せられました。

 

空間の有効利用

左の画像は2階の寝室に作った階段箪笥。抜群の収納力を備えながら、ロフトへ上がる階段としても使います。 階段箪笥は日本に昔らあったものですが、今こうして作ってみると、とても新鮮ですね! ロフトへ上がる階段は寝室からトイレと洗面所を隔てた納戸にもあるのです。階段の壁側には明り取りの窓をつけています。月夜にはほんのりと光が入るというお楽しみも。


下の画像は、
【左】ロフトから納戸への階段。空間を立体的に活用します。
【中】ロフトには開閉できる板を設置。空気の循環を調整。
【右】ロフト左側の部屋。左の小窓から納戸への階段があります。
ロフトは納戸兼旦那様の秘密基地です。

ちょっとしたスペースも収納に

窓の厚みを利用してちょっとした収納を作りました。
左の画像はキッチンとリビングの窓に設けた収納。
右は窓のカウンター部分に作った小物入れ。
この家は、見せる収納と隠す収納のメリハリが利いています。

薪ストーブ

薪ストーブ設置にもちょっとしたアイデアを!
1階の玄関横に薪ストーブを設置。2階のリビングを突き抜け3階ベランダ横に煙突が。 家中の暖房をまかないます。こんなに掃除がしやすい煙突はちょっと見かけませんよね~。

 

住む人がこだわるから面白い家ができる!

オーナーのご夫婦が家を建てようと思い立ってから、ありとあらゆるハウスメーカーのモデルハウスを見学。ハウスメーカーは100店以上、見学した家は数百軒というこだわりよう! 左の紙で作った模型の家からもお二人の思い入れの深さが伝わります。そんなオーナーが整建を選んで下さった理由は、木の温もりと木組みの強さに惹かれたからだそうです。流石に数多くの家を見学された事もあって、いろんなアイデアがこの家に活かされました。

左の模型はオーナー手作り。家へのこだわりが見て取れますね!

中央はクローゼットから脱衣室へ行ける 回転ドア。普段は何の変哲もない壁に見える1枚の板が、実は回転ドアなのです。

右は2階洗面所。右手の書棚は引き戸になっていて、お隣の納戸へ通じています。

お隣に隣接した窓も上手に活用

リビングの窓から見える外の景色。
お隣さんが隣接しているので、雪見障子を逆に利用し、下半分を目隠し。 明るさを確保したままで目隠しできる工夫です。

キッチンは自分流

左端の画像は、できたてほやほやの時点で撮影したキッチン。 シンプルというよりもオーソドックスに見えるのは、カウンターがないから。奥様が座るポジションを流し台のすぐ手前に背中を向ける形で 考えました。流し台横のコーナーは奥様の使いやすい様に設計。いわば、ここが奥様の秘密基地ですね!

 

 

 

 

 


夜間照明

昼間の明るさをいかに確保するかはいろんな家でご紹介していますが、 この家では夜間の明かりにも工夫がなされています。

 

ワインセラー

ワイン好きご夫婦のご希望で、1階にワインセラーを作りました。1階玄関横の倉庫の奥なので、陽も射さず涼しい環境です。夜は、ヨーロッパ旅行の想い出と共に、ご当地のワインを楽しむ。そんなちょっとした贅沢があってもいいですよね~!

 

家作りに満足

この家に住み始めて3ヶ月たった時点でに取材させていただき、住み心地や感想などを聞いてみました。 「とことんこだわって作った家なので、やはり住んでみて不満はありません。途中、考えるのが面倒だと思った事もありますが、頑張った甲斐がありました。整建さんとは毎日のように会っていたので、会えなくなるのがちょっと寂しいです。」と、ラブコールをいただきました。(笑) こちらこそ、長くお付き合いいただき、ありがとうございました。まだまだメンテナンスなどの機会もありますので、よろしくお願いしま~す。