整建
ブログBLOG

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから
イラスト イラスト
外構工事

内観はほぼ完成していますが、長引く雨の影響で外構工事がストップしたままでしたがやっと進みだしました。IMG_8918

これでやっと給湯器とガスが設置できます!(入居日はまだ先なので納期遅れではありませんよ〜(^^))

IMG_8917
玄関のスロープを造成中。
ここもずっと穴ぼこでした💦
IMG_8767
before

長く続く広いウッドデッキ
IMG_8919
after
パーゴラを設置。
柱の位置は90センチ以上あるので人が歩くにも狭さは感じません。
これ以上軒を深くすると、冬の日差しまでさえぎってしまうことになるので、夏はパーゴラにすだれをかけて日を遮ります。

この物件の見学会、お披露目会は10月に3日間予定しています!

完成撮影会

IMG_8808

先週のことですが、自宅兼モデルハウスの撮影がありました!
家具の搬入も完了し、小物を少しセッティング。存在感のあるチェリーのダイニングテーブルはak-design 黒田家具工房 さんにオーダーしたもの。6人がけの大きなダイニングテーブル。チェリーの赤味が良いコントラストになり、アイアンの脚に合わせてライティングレールなどの照明を黒に統一したのでまとまり感が出ました◎
IMG_8789

吹き抜けにはまだ珍しいシュッとしたスチールの薪ストーブ。
IMG_8814

IMG_8809

10月にお披露目会、展示会を行います!
お楽しみに!
家具の選定

昨日から通常営業に戻りました。

盆休みのお天気とは一転し青空が広がりましたね。秋を感じる風、とんぼも飛んでいるのを見るようになりました。
モデルルームの造り付けの家具は使い勝手や細かいサイズなど希望を聞いてもらい大工さんに造ってもらいました。ダイニングテーブルや座卓や勉強机などもご希望があれば造作出来ますよ!
曲線が出るような家具は作れないので、私の実家へ帰省した際に時間があったので、家具屋さんないかなぁ〜とその場で調べ、可児市の「万寿実家具」さんに初めてお邪魔してみました。
北欧家具、飛騨家具、木殺し(詳しくは万寿実家具さんのHP内 家具工房ニングル)で作られている作家さんなどのお取り扱いがありました。
老舗の家具やさんで初代の社長さまは家具職人をされていたとのこと。今も高さや脚の調整や仕上げ塗装、アフターメンテナンスもしっかりしていただけます。
IMG_8615

杢目の美しい家具たちが並びます

IMG_8618
IMG_8620
椅子の特性から木の性質、仕上げ、座り心地などを丁寧にご説明くださいました。

座るたびに我が家に置いたら…と想いを馳せて、選び抜かれた椅子の座り心地にうっとりしていたらあっという間に2時間が経とうとしていました笑

IMG_8626
お二階にも素敵なダイニングセットや椅子がたくさん!
IMG_8623

IMG_8625
デンマークの本革のチェア
IMG_8622
素晴らしい座り心地と社長さまの家具愛に感動し、ダイニングチェアを四脚(とどうしても欲しくなってしまったニングルさんの一脚)をお願いしました!!
納品が楽しみです^ ^

パンフレットなどもご用意してもらう予定ですので、気になる方はお問い合わせ下さい!

万寿実家具

造作家具

造作工事がおわりました!IMG_8591

テレビボード、キッチン背面収納共にブラックチェリーの板で

IMG_8564

IMG_8561
こちらは玄関土間のスリッパ収納兼ベンチ。

IMG_8573
二階の壁紙張ってもらっています。
一階は漆喰作業中!
あとは電気工事と設備機器。
今月中にはだいたい完了予定。
完成見学会は10月頃を予定しています!
建設中のモデルハウスの断熱性能について


異常に暑い日が続いてます・・・
現場の職人さんも熱中症に細心の注意を払って頑張っていただいています。

長い記事になりますが、今後家を建てる際とても重要なことです。気になる方は最後まで読んでみてください。
_________

現在建設中のモデルハウスの断熱性能は国の基準の2倍強の断熱性能「HEAT20 G2グレード」と呼ばれているクラスです。

HEAT20の説明はこちら↓
http://www.heat20.jp/heat20towa.html
こちらだとまだわかりくいという方は「HEAT20とは」で検索していただくと解りやすく説明しているサイトなどもあります。

簡単に言えば、断熱性能を大幅に高めることで日々の快適性の向上と省エネルギー化が両立できる。
またグレードにも段階があり、現在はG1・G2があります。

G1とは・・・冬の暖房していない部屋の最低温度を10°以上に保ち、イニシャルコストとランニングコストのバランスを重視した水準(初期投資分をランニングコストの削減で回収できるバランス)

G2とは・・・温度ムラを少なくし、住宅内の最低温度を13~15°以上に保ち、全館暖房が可能な水準 G1より上

そんな断熱性を備えていますが、完成は10月頃。となると、重要な真夏の室温データの採取が1年延びてしまいます。

なので工事中ではありますが、窓用エアコン4.5畳用を2階に設置して室温データを採ってみました。
P_20180720_073725_vHDR_On

45坪の家を4.5畳用エアコンで家全体をどこまで温度を下げることができるかを検証してみました。

整建ではお客様に家が完成する頃、どのくらいの容量のエアコンを購入したらいいかを、計算書と一緒にお渡ししています(断熱性能と開口比率、対象の床面積、設定温度などから最適な大きさのエアコンを計算します)

その計算に基づくと、モデルハウス内(吹き抜けリビング二階建て)を一つのエアコンで設定温度26℃にするには8~10畳用エアコンが必要でした。
また、条件を変えると夜間無人の状態で設定温度28℃にするには約4.5畳用(1500W)が必要でした。

窓用エアコンは能力が1400Wなので28℃くらいにはなるかなと予想しました。

まずは結果から 19:00~翌7:00までのデータです
モデルハウス温度
クリックすると見やすくなります。

まず1階と2階の温度差が2℃以内に収まっています。断熱性が高く、高気密のため温度ムラがほとんどありません。
室温も目標温度付近まで下がってくれました。朝、現場に入っても結構涼しく感じました。

さすがに4.5畳用窓エアコンだけでは能力不足ですが、8~10畳くらいのエアコンが1台あれば住んでからも問題なさそうだという結論に至りました。
国の基準くらいの断熱性で家を建てると、エアコンを1部屋1台買うことになり総額も上がっていってしまいます。LDKなんかは大きい面積のため大きなエアコンが必要。
それが一家に1台で済む。
間取りによっては1階と2階に1台づつ。
それも小さいエアコンでまかなえれば、エアコン購入にかかる費用も抑えることが出来ます。住宅の初期費用としては掛かってしまいますが、住んでからの快適性は全然違います。そちらも計算書でご説明を差し上げています。

断熱やサッシなどは建ててから簡単に交換できるものではありません。
もし、高断熱化(特にHEAT20クラス)を建てる工務店などで選択できるのであればお勧めします。

建てる会社が決まっていても、決まっていなくてもご相談ください。
室温のシミュレーションやイニシャルコスト(初期費用)、ランニングコスト(維持費用)などを算出してトータルコストなどもシミュレーション致します。何だか横文字ばかりになってしまいましたが、わかりやすくより詳しくお伝えします。是非お気軽にお問い合わせください。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930