整建
ブログBLOG

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから
イラスト イラスト
板庇の設置

●パッシブデザイン×ZEHの快適住宅

●許容応力度計算による設計で耐震等級3を取得

この2点は整建の新スタンダードとして設計・施工しています

東西の窓の上には板庇という小さな庇を設けました。

夏は板庇なしと比べ25%日射熱を抑えることができます。

又すだれ等の設置が容易に行えるようになります。

すだれを取り付けることでなんと90%の日射熱を遮ることが可能となります。

ガルバリウム鋼板で囲い、実用とデザイン性を兼ねた仕上がりになりました

モスグリーンの家|想いと共に育つ家

ウッドデッキが完成。

軒も冬は日差しを取り込み夏は遮る長さに。専用ソフトを使って計算されています!

リビングのテレビボード

収納アイテムの選定をしてもらい、ご希望のデザイン・サイズで造作しました。

壁内部にテレビからAV機器へと繋ぐHDMIなどの通り道を確保。

テレビボード背面は背板なし。上に見える開口の出口がボード裏にあります。

HDMIポートなどを使って分配。電源は上下に確保しました。

壁掛けで固定するお客様が増えてきたので、電気屋さんと相談しながら配線隠しの策を練っています。

キッチン背面のタイルは名古屋モザイク工業のマシア

光沢のある凹凸が表情に深みをあたえている。と書いてありました。

なるほどー!光沢感で落ち着いた色味でも暗くなく明るみがあります。そして深みも。。

横幅の広い細長いタイプなので横への広がりが空間を広く見せてくれているような気がします☺

キャットウォークのある吹抜けリビング。

隣家が近くてもしっかりと明るさが入ってきます。

完成まであと一息!!

最高の間取り|37坪

吹抜けのある最高の間取り

どの家もお客様の家族構成・ご要望・生活スタイルなどヒアリングし

ご納得いただけるまで住まわれる方にとっての最上の間取り作りをしています。

構造計算、許容応力度計算など地震に強い家でなければ自信をもっておすすめすることはできません。

地震に強く、快適に暮らせるご家族の幸せを想い日々設計しております。

なかでも今回の新築物件はご家族のご要望と条件とがとてもしっくりきた本当に良い間取り。

回遊性に富み、適材適所の収納スペースとパッシブデザインの家。

お施主様の了解を得られたら、公開したいとおもいます。

まもなく完成予定です。

 

 

タイルの家、お引渡し|新築平田タイルと無垢の家

予約制の見学会をお施主様のご厚意で開催することができました。

ありがとうございました。

光沢を抑えたざらりとしたホタテ漆喰の質感、表情豊かなタイルの数々。

左官さんの腕の見せ所となりました!

リビング8畳木のモザイクタイル

キッチン造作家具食器棚

なぐり加工|楢の無垢材

2階洗面

2階洗面全景

1Fトイレ床・壁タイル

キッチンよりリビングを望む

S様完成おめでとうございます!

平田タイル

豊川で施工中「タイルの家」!と名付けたいくらい奥様が選ばれた素敵なタイルが目白押しなんです。

こちらはキッチン。

コンロ側はレンガ調の落ち着いた色味。暖かみのあるエイジングと焼きムラが表現され味のある経たずまい。

ターコイズが美しいタイルも手で割ったような不揃いなエッジが表情を変えヴィンテージのような重厚感を演出しています。

洗面とお手洗い

写真が暗くて本当にごめんなさい!!どちらも木目調のタイルです。

長方形の大きな木目タイル Les Bois(品番:LEB-2040S)

壁の淡い色の細いタイルはsorbetto(品番:SOB-HWB)

ヘリンボーンに組まれ洗練された印象。鏡の周り、爽やかな朝を連想します。

遠い写真しかなくてごめんなさい!!

設備が整ったらしっかり竣工写真撮らせていただきたいと思います。

洗面は長方形の大きなタイル|お手洗いはヘキサゴンkingwoodという品名のもの。

ヘキサゴンタイルは色もランダム(品番:KW-W)

壁のタイルのは縦横交互に配置されなんだか織物のような布のような柔らかい印象に。

目地の色でタイルの印象も変わります。こちらはグレー。

白のタイルがパキっと打ち出され清潔感のある洗面台まわりです。

先日、左官さんがお施主様と念入りに打ち合わせをされていました。

こちらはすべて平田タイルさんのもの。

名古屋モザイクと並び人気のタイルメーカーさんです。

個性的なタイルが多く、施工例にも目を奪われます。

平田タイルカタログ

 

 

 

 

 

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ARCHIVE