整建
ブログBLOG

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから
イラスト イラスト
新たな補助金について

11月から国土交通省より新たな補助金制度が出来ました。

「住宅ストック循環支援事業」というもので内容としては

①エコリフォーム

②エコ住宅への建替え

③良質な既存住宅の購入

に関して30~50万円の補助金が出ます。

整建で関連があるのは①と②になります。

①のエコリフォームは前回の省エネ住宅ポイントの時のように

「窓の断熱改修」
「外壁・屋根・天井の断熱工事」
「太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓の中から3つ以上の工事」
を対象に最大30万円の補助金が出ます。
しかし前提条件としてリフォーム後に耐震性を有する事が必須となっています。
なので耐震性のない住宅には別途耐震改修工事が必要になってきます。
耐震改修にも別途+15万円補助が出ます。

②のエコ住宅への建替えは現在建っている住宅が耐震診断などによって耐震性がないと判明している場合、取り壊しエコ住宅に建替えることで30万円~50万円の補助金が出ます。

30万~50万円の内訳は

30万円・・・省エネ基準

40万円・・・BELS☆☆☆以上

50万円・・・BELS☆☆☆☆以上

となっています。

BELSというのは電化製品などに貼ってある省エネラベルの住宅版のようなものです。

c01_p07
↑電化製品でこんなラベルを見たことがありませんか?

☆が多ければ省エネ性能の高い住宅ということになります。

整建の標準仕様の新築は省エネ基準より高いので(BELS☆☆~☆☆☆程度)補助金を有効活用することが出来ます。

建替え予定の方がいましたら是非ご相談ください。

補助金の活用には工務店などが事業者登録を済ましてないと出来ません。

補助金希望の方は一度建築会社に問い合わせた方がよいと思います。

省エネ住宅ポイント

4年前に1年間行われていた住宅エコポイントが新制度となって復活しました!

内容は新築は一定以上の省エネを満たすことで30万ポイント、リフォームは断熱改修又は設備のエコ改修を行うと最大30万ポイント(耐震改修を併せると45万ポイント)付与されます。
約1年間の施工が対象となるようです。
詳しくは展示会等でご説明いたしますね。
省エネルギー法





先日、住宅省エネルギー技術設計の講習に参加しました。

2020年国が定める省エネ法適合義務化に伴う正しい断熱方法や設計方法について学んできました。
お客様により快適な空間がご提案出来ればと思っています。

木材利用ポイント事業終了のお知らせ
平成26年9月30日をもちまして木材利用ポイント事業が終了します。
国が行なっているこの事業は国産材を使用することで最大60万円相当の家具やグルメ商品、商品券などと交換できるというもの。
整建でもこの制度を利用し、実施期間に家を建てられた全てのお宅が対象となりお客様にも大変喜んでいただけました。今月末で終了してしまうのはとても残念でなりません。来年度の事業発足に期待したいものです。
又、別の制度ではありますがすまい給付金はご存知でしょうか?
こちらの制度は最大30万円の給付金が受けられるというものです。
見学会でもご説明差し上げたいと思いますがこちらのブログでもまた詳しくご紹介したいと思っています。
木材利用ポイントを活用しよう!

林野庁が行っている『木材利用ポイント』をご存じですか?

【木材利用ポイントとは】

簡単に言えば、国産材を利用して家を建てた場合、その使った国産材の量によって
ポイントが付きます。
上限は60万ポイント(つまり、60万円分です)
整建の建てる家は国産材(スギ・ヒノキ)を柱や梁といった構造材多く使っているため、
ほぼ上限の60万ポイントが付くとこが多いんです!

その60万ポイントの内、30万ポイントは家具やウッドデッキなどで使います。
残りの30万ポイントは、カタログの中からお好きな商品と交換できます。
ここまででも随分とお得な制度なのですが…

新城市の場合は更に!

いーじゃん券と交換できます。
※いーじゃん券とは、新城市独自の共通お買物券です。
いーじゃん券取扱店一覧
つまり、新城市内のお店で自分の好きな物を30万円分使えるわけです。

これは使わなきゃ損!

近隣の町で同じような「共通お買物券」がるかどうかは今のところ分かりません。
調べて分かり次第、こちらのブログにてお知らせします。

尚、「木材利用ポイント」についてはこちらのサイトにてご確認下さい。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930