整建
ブログBLOG

CONTACT 資料請求ご相談はこちらから
イラスト イラスト
薪の準備

保存しておいた薪が乾燥しました。

薪ストーブをご利用の方はお早めにご予約下さい。


現在、整建作業場の周囲では彼岸花が満開です!

新城市H邸が完成しました

見学会が行われたH邸の画像を抜粋してご紹介します。

b7f1ed8c.jpg

完成直後の外観を撮影しました。

99b36937.jpg

どっしりとした木造の造りが住宅街で
ちょっぴり異彩を放っています。
完成後には見えなくなってしまっていますが土壁を
用いています。夏は涼しく冬暖かいのが特徴です。

5cc22666.jpg

6b17f34f.jpg

大黒柱にご主人がのみ入れを行っている様子です。

2a748019.jpg

こちらは施工中の画像です。

整建ではこの段階から、住む人が家作りに参加していただけるよう心がけています。
じっくりと、住む人と共に作り上げる家が整建のモットーです。

c36169b3.jpg

8a3fe39e.jpg

屋根裏部屋です。
上の方の画像は将来に備えた作りの子供部屋。成長した時には間仕切りして2部屋とします。
屋根裏部屋はご主人の趣味の部屋です。子供たちに邪魔されず趣味に没頭できる
空間を作りました。

f114963f.jpg

ced6f98b.jpg

こちらはリビングです。
職人のちょっとした工夫で勉強机を設置しました。
「宿題が終わらないと夕飯はあげないよ!」
な~んて言われそうですね。(^_^;)

7de5d847.jpg

61d1f768.jpg

キッチンです。
明るいライトブルーがアクセントになっています。
食器棚は職人の手によるものです。

aa328d1d.jpg

866d9ce7.jpg

玄関と玄関周りです。
下駄箱は作りつけです。前回ご紹介したご家族の力作は下駄箱のほぼ
中央の白っぽい部分と画像では見えない床にあります。
エントランスはまだ施工中の画像です。ここに緑が加わると、更に
素敵な家になりますね!

もうすぐ完成!

新城市のH邸は、8月27日、28日の見学会会場となる家です。

整建の家作りは、住む人と一緒に作るのがポリシーです。
住む人にも家作りに参加していただき、更に愛着のある家にしたい。
そんなところを少しご紹介します。


玄関の床にビー玉を埋め込んでいます。


こちらも玄関。下駄箱の上の空間におはじきを。


居間の梁に一家4人の手形を付けました。
「こんなに小さい手だったんだねー!」
なんて、将来ご家族で話す時が来るんでしょうね。ニコ

土壁の作業中

川田の家も土壁を塗る作業段階に入りました。

土壁は赤土とワラを3cmぐらいにきって混ぜて1週間ぐらいおきます。
そうすると、ワラが発酵し土に粘りがでます。(ちょっとイヤな臭いが。ゆう★
この段階で土の色は黒っぽく変色しますが、しっかり乾くと元の赤に戻り臭いもしません。
日本古来の100%自然の素材を使っているのが良く分かりますね!

土壁

その土を丹念に小舞に塗りつけていきます。
土壁

反対側も同じように返し塗りをします。
土壁

とっても手間のかかる作業ですね~!
職人さん、お疲れ様です。アセアセ

乾くまでは2週間(天気により変わります)置いておきます。
しっかりと土壁が乾いたら次の作業に。

  • Date: 2011.07.20 15:31
  • Category: 土壁
竹小舞の工程

土壁の小舞を編んでいるところを撮影してきました。

土壁の家は最近めっきり減ってしまいましたね~。
でも整建では伝統工法の一つとして重点を置いています。
土が湿度や温度を調整してくれるので、夏は涼しく、冬は暖かくする作用があります。
そんな土壁ですが、とにかく手間のかかる作業です。
全ての作業は丁寧な手作業によるもの。最新の工法とは随分違います。

小舞1

「写真を撮るならもっときれいにしてくりゃよかった。」と言うおばちゃん。
ごめんね、顔は写らないから…汗 

小舞2

竹に手早く縄を編んでいくおばちゃん。
「土壁の家は全然違うよ!そりゃ~暖かい。」と教えてくれました。

小舞3

事前に柱には穴を開けてあり、そこにしっかりと竹が固定されます。
根気のいる作業ですね!

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031